占いに依存する心理って?

占いに依存してしまうという心理があります。この時の人の心というものは、「倖せになりた、倖せを掴みたいけれど現実が辛いことばかりだ」という心境の方が多いです。特に不景気の時には、多くの人がこのような感覚になるとされており、その場合には、占術などで良い結果が出ると、人の心は「未来に向かって希望を持てるようになる」とされています。こうしたことから、仮にハマってしまっても、悪質に何百万円もの寄付とお祓いが必要である、というような占いでなければ、軽い感覚で、「将来にはこんないいことがあるのだ」という希望を持たせてくれる結果は、人に安心感をくれるものなのです。

占いは依存するのでなく参考に

恋愛の悩みで占いをしてもらって、つい依存してしまう人もいますが、これはよくありません。悩みの解決への糸口として、活用するために用いるのであれば、それは参考として受け止める方がいいでしょう。結果がどのようであれ、納得しないとお願いし続ける人もいますが、それはあまりよろしくありません。依存をせずに、アドバイスとして受け入れれば、良い答えの際にはポジティブに行動をおこし、余り良くなければ、気を付けて行う事です。占いは生活のすべてでなく、アドバイス的な存在と受け止めておきましょう。運命はあくまでも自分で切り開くものです。

占いへの依存の情報

新着情報

↑PAGE TOP